神奈川に位置している美容外科を利用してレーシック

レーシックと聞きますと、目にメスを入れたり、またレーザーを当てるというイメージがあり、怖い先入観を持っている人も多いことでしょう。
目を傷つけてしまう原因となる衝撃波は一切なく、ほぼ確実に視力回復を実現できます。

 

レーシックは世界各国におきまして、様々な臨床試験などもされており、効果や確実性などが実証されているのです。
世界中で行われている施術であり、安全性だけではなく確実性も認められています。
レーシック手術の際は、術前に目薬のような形の麻酔をしますので、痛みがほとんどなく、術後も短期間で角膜を保護する働きを回復します。
レーシックはメスを眼球に入れる施術では無いことから、誰もが考える失明の危険性は全くありません。





社会人サークル 大阪の案内
URL:http://0ffkai.lolipop.jp/
社会人サークル 大阪ナビ


神奈川に位置している美容外科を利用してレーシックブログ:20/5/23

基礎代謝量が高いと減量に有利なんですが、
体温、つまり平熱を上げると基礎代謝量が上がります。

体温が高いということは、
身体がエネルギーを燃やして、熱を作っているということになりますから、
何もしないでも消費されるカロリーが高いことになるわけです。

ちなみに
体温が1℃上がるだけで、
基礎代謝量は約12%もアップすると言われています。

体温を上げることは、基礎代謝量を上げるため、
減量を成功させるためにとても大切なことなんですね。

みなさんは夏場、
クーラーをつけっぱなしにしてはいませんか?
冬場には、ホットカーペットやヒーターに頼ってばかりいませんか?

室温を高くしすぎると、身体が自分で熱を作ろうとしないので、
体温が低くなってしまう傾向があります。

基礎代謝量を上げるには
冷暖房を使いすぎないようにすることも大事なポイントなんです。

また食事にも体温を上げる単純なコツがあります。
食品には、身体を温める食品と、身体を冷やす食品があります。

温める食品は根菜などが代表的ですよね。
暑い時期に旬な食品は冷やす作用、
寒い時期に旬な食品は温める作用があることは、
みなさんご存じですよね?

でも、
身体を冷やす食品を
摂ってはいけないということではありません。

組み合わせを意識して、
身体を冷やす食品だけをとらないようにしましょう。

調理法も関係してきます。

例えば、
うどんがいくら身体を冷やす食品だといっても、
温かいうどんを食べれば身体は温まります。

そんな簡単な方法で、体温もあがりやすくなるんですね。

あくまで、
連日の適度なトレーニングの効果を高めるためのものですから、
エアコンを使わずに温かいものだけを食べれば
痩せるということではありませんよ!

―地球滅亡まであと427日―

このページの先頭へ戻る