神奈川に位置している美容外科を利用してレーシック

レーシックと聞きますと、目にメスを入れたり、またレーザーを当てるというイメージがあり、怖い先入観を持っている人も多いことでしょう。
目を傷つけてしまう原因となる衝撃波は一切なく、ほぼ確実に視力回復を実現できます。

 

レーシックは世界各国におきまして、様々な臨床試験などもされており、効果や確実性などが実証されているのです。
世界中で行われている施術であり、安全性だけではなく確実性も認められています。
レーシック手術の際は、術前に目薬のような形の麻酔をしますので、痛みがほとんどなく、術後も短期間で角膜を保護する働きを回復します。
レーシックはメスを眼球に入れる施術では無いことから、誰もが考える失明の危険性は全くありません。





社会人サークル 大阪の案内
URL:http://0ffkai.lolipop.jp/
社会人サークル 大阪ナビ


神奈川に位置している美容外科を利用してレーシックブログ:19/10/01

減量の敵といえば
「脂肪」ですよね。

脂肪は、体温維持や
内蔵を守るクッションなどの大切な役割もしていますが
過剰だと肥満や病気の原因になります。

この脂肪は有酸素運動で燃焼するのですが、
身体の部位によって、
脂肪が落ちやすい・落ちにくいなど異なります。

一般的に運動をすると
まず筋肉中の栄養がエネルギーとして使われてから、
内臓脂肪→皮下脂肪という順でエネルギー消費されます。

内臓脂肪はすぐに使えるよう
先に燃焼する脂肪であるのに対して、
皮下脂肪はあくまでも備蓄エネルギー用として
身体に溜められているんですね。

女性の場合、
もともと下半身に脂肪細胞の数が多い上に、
女性ホルモンが皮下脂肪をため込む働きがあるそうです。

そして
太い血管が通っている箇所は
血管を守るために脂肪がつきやすくなります。

もちろん個人差もあるでしょうが、
女性が減量を続けた場合…

「あご・ほほ」→「こむら」
→「肩・上腕部」→「もも」→「胸」
→「ウエスト」→「腰」→「尻」
といった順で、
脂肪が落ちていくんだそうです。

だから、尻やウエスト周りが
なかなかスッキリしないんですね!

身体に溜まった脂肪を落とすためには、
体脂肪の代謝反応に必要な
必須栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)が十分に必要となります。

身体に溜まった脂肪を落とす時こそ、
食べる事を抜いたり、
一種類の食べ物に頼ったダイエットではなく、
大事なことは食べる事のバランスに気を配るということですね。

食べる事をしっかり食べて、身体をしっかり動かして、
余計な脂肪をしっかり燃焼させましょう!

このページの先頭へ戻る