リフトアップ術が進化した形である3Dミントリフト

3dジェルリフトは、以前からある糸を使用したリフトアップとの大きな違いがあり、それが糸にあります。
特殊な糸を使うことによって、多くの方が悩みを抱えているたるみを解消することの出来る美容術です。

 

特許も取得している3Dミントリフトの糸というのは、従来のような切り込みを採用していなく、8倍も大きな棘が糸にいくつも取り付けられている糸です。
これによってこれまでの施術よりも持続性が約3倍にもなり、たるみを効果的に改善することが出来るようになったのです。
これまでの糸は、カッティングスレッドと言い糸に切れ込みを入れることによって引っかかりのとげを作っていました。
つまり引き上げる力が弱かったのですが、3dジェルリフトによってそのデメリットも改善されたのです。



リフトアップ術が進化した形である3Dミントリフトブログ:20/5/30

俺の今年の目標は、
「ストレスを溜めない!」ことです。

俺のストレスとの付き合いは、
すごく長期間に渡ります。

ストレスのために、
胃薬に頼ったこともあります。

ストレスのために、
寝てる間も歯を食いしばり過ぎて、
朝方起きてもくちがいつものように開かないときもありました。

ストレスのために、
マブタが痙攣したことも…

こういったようなからだに出る症状もありましたが、
連日の生活において慢性的なものとしては、
ドカ食い+スナック菓子を食べることでした。

ドカ食いをするわけですから、
咀嚼などほとんどしません。
おかずを少しつまんで、ご飯をいっぱい食べるわけです。

コロッケにソースをたっぷりかけて、
味の濃さでご飯をいっぱい食べる…なんて、
俺の大好物!

自分ではあまり気付いていないのですが、
隣で見ていた家内からは
「誰も取らないから、ゆっくり食べなさいよ」
と笑われたりします。
それくらい、必死に一心不乱に食べているようです。

しかも、それだけでは物足りず、
今度はスナック菓子に手が行きます。

スナック菓子などを手で食べると、
手が汚れて油がついてしまうので、
ご飯を食べたお箸をそのまま、
スナック菓子の袋におもむろに突っ込んで食べていきます。

しかも、途中で止めることができません。
「ガツガツ、ムシャムシャ…」
味などは、ほとんどわかりません。
ただただ、塩分をからだが欲しているんでしょうか…
止まりません。

一袋無くなるまで、一気に食べ続けてしまう…
そこで、我に返って満腹感を感じるといった感じです。

そして、少し時間がたってくると
俺は胃もたれみたいなものに悩まされるのです。


このページの先頭へ戻る